2008年04月27日

アスパラ

aspara1.jpg

昨日、土曜日は市場が立つ日です。先週頃からアスパラがおいしそうに並べられていました。今週は手ごろな価格になっていました。ひと束1.5ユーロです。アスパラは春野菜のシンボルです。緑と白があって、緑の方は白よりも長い間売られ、白アスパラは一瞬にして消えてしまいます。ほとんど1、2週間くらいのはかない命です。でも、それだけおいしいのです。

今日は、アスパラのゆで方と簡単メニューをひとつ。
アスパラは、二つに切ってゆでていませんか?これだと、お皿に出すのに、みっともありません。ばらばらでまとまりがありません。
ですから、なるべく深鍋で、アスパラが立ってもゆだる深さが必要です。
まず、水でアスパラを洗います。下の根の方をきります。(私が教わったのは、先と根の方を持って、ポキット折ります。折れた穂の方が柔らかくたべられます。根の方は残念ながら筋があるので、捨てます。これはレストラン式。一般家庭はもう少し下までたべます。)鍋に水をいっぱい入れ、塩をいれます。洗ったアスパラは、同じ方向に並べて、真ん中を料理用のひもで束ねます。あまりきつくではなくほどほどに。沸騰した鍋に、根の方を下にして、立てたままゆでます。場合によっては鍋にふたをして、10分から20分の間、ゆでます。ゆでぐあいは、ホークかクシでさして確認します。
(簡単レシピ)
ゆだったアスパラにマヨネーズなどの簡単ソースをかけて食べます。
が、少し味をつけたい人は、まず、上のようにゆであがったアスパラを、フライパンにバターを入れて、いためます。色がついたら、出来上がり、お皿にもって、塩で味をつけ、上からパルメザンチーズをふりかけます。
ラベル:アスパラ
posted by perabita at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック