2009年01月05日

ひよこ豆(チェチ)のカレー

curry1a.jpg

おせちにあきたら、カレーと言うのはいずこも同じ。私はおせちが無かったけど、この時期カレーが恋しくなる。それで、いつもカレーのレシピを書いたメモを探しているので、この際、ブログに掲載しておく。
このレシピは、ニッポンに10年間住んでいたバングラディシュのハルクさんから教わった。彼はすでに、大金をためて故国に帰り、しあわせに暮らしている。

「ハルクさんのカレー」のレシピ
■はじめにカレーをつくるための準備
カレーの基本となるスパイス
・コリアンダー(写真先の右)
・クミン(写真先の左)
・チリーつまり赤とうがらし(写真前の右)
・ターメリック(写真前の左)
基本はこの4種類で、ニッポンでは、コリアンダー、クミンはパウダーで売っている。ハルクさんの家庭では、お母さんが種のスパイスを買ってきて、料理をするときに粉にする。その方が、香りが良い。その他のスパイス。
・シナモン(小さく砕いて料理に入れる)
・カルダモン(種状のもの、無くてもよい)

■ひよこ豆(チェチ)のカレー
ひよこ豆はイタリアではチェチCeciと言う。料理する前に水に6時間くらいつけておく。豆と一緒にひき肉などと一緒に調理しても良い。

ひよこ豆(チェチ) 400g
玉ねぎ 大2個スライス
4スパイス
   チリパウダー 大さじ4分の1(からさに応じ調節、4分の1で大から)
   ターメリック 大さじ2文の1
   コリアンダー 大さじ1
   クミンパウダー 大さじ1
シナモン 少々
カルダモン 少々(無くてもよい)
しょうが すったもの大さじ1ほど
ニンニク すったもの大さじ半分ほど
油(サラダオイル) 1カップほど
塩 少々

@鍋の水気をとり、火にかける。
A油を鍋に入れる。かなりなみなみと入れる。
B油の温度が高くなったらスライスした玉ねぎを入れ、強火でよくいためる。玉ねぎに色がついたら、火を中火にする。玉ねぎはいためるほど、味がよくなる。
Cしょうがと、ニンニクを入れよくかき混ぜる。しょうがを入れるとこげるので、気をつける。こがしてはいけない。
D水を入れ、カルダモン、シナモンを入れる。(@から約15分)
E4スパイスを加える。中火でこげないように常にかき混ぜ、水を適量加える。
F塩を加える。最初は少量にしておく、最後に味をみて調節する。塩加減はカレーにとっては大切なポイント。塩味で、カレースパイスを引き立たせる。
Gひよこ豆(チェチ)を加える。よくかき混ぜ、ペースト状にする。(@から約30分)
H弱火でふたをして、煮込む。水が無くなったら加え、ときどきかき混ぜ、こげないようする。
I豆に十分カレーの味がしみ込んだら出来上がり、最後に塩味を調整する。(@から約60分)
posted by perabita at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112197227

この記事へのトラックバック