2008年08月31日

野菜の交響曲ミネストローネ

minest1.jpg

minest2.jpg

エレナ・スパニヨールさんの圧力鍋の料理書から、ミネストローネつまり野菜スープ煮というものを作ってみました。ミネストローネは、イタリアの家庭料理ではかなりの定番で、イタリア人が好む料理のひとつです。この料理、残り物の野菜を使ってつくる料理のように思われるかもしれませんが、私はけっしてそうではないと思います。やはり、新鮮で、季節に合った野菜を選んで、楽しむもので、いわば、野菜の交響曲です。たくさんの野菜の味を一緒に味わいます。小さなパスタやお米とともに、プリモピアットになります。

それでは、エレナ・スパニヨールさんのレシピをご紹介します。
「野菜のミネストローネ」
材料:ジガイモ 大1、玉ねぎ 大1、ズッキーニ 中2本、ニンジン 中2本、インゲン豆 ひとつかみ、ビエトレ(ビート)これは冬野菜ですので今回はいれませんでした。トマト(皮なし) 3個今回はミニトマトを使用、セロリ 2本、お米 おたま1.5、塩、オリーブ油、パルメザンチーズ、グリンピース 缶詰を使用

作り方:野菜を洗い、ジガイモを1センチ角よりも少し小さく切る。玉ねぎも小さく切る。スライスでも良い。ズッキーニは縦に4カットして、これを5ミリくらいの輪切りに切る。ニンジンも同じように切る。インゲン豆は2センチくらいに切る。トマトも1センチくらいに小さく切る。セロリも同じように切る。
圧力鍋に、最初にお米、切った野菜を全部入れ、塩少々、おたまで5杯の水を加える。気持ち6杯くらいが良いかもしれない。
強火で、圧力鍋を熱し、蒸気が出たら、火を小さくして、5分くらい煮る。この時間は圧力鍋によって異なります。私は野菜が煮崩れるか崩れないかという状態がおいしいと思います。お米の煮えぐあいも見る必要があります。
鍋をあけ、オリーブ油を大匙3か4を加え、少しまぜて、皿に盛り、パルメザンチーズを降りかけて、出来上がりです。私は、オリーブ油を加えて味を見て、味が薄ければ塩を足します。今回は、缶詰のグリンピースを、後から足しました。
季節によっては、アスパラ、生のソラマメ、生のグリンピースなどを加えてもおいしい。

posted by perabita at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105766643

この記事へのトラックバック