2008年07月25日

フルーツのテラミス

teramis1.jpg

三日目です。今日のメニューは、次のようになります。
プリモ:パスタチェチ(パスタ入りのチェチ豆のスープ)
セコンド:バカラ(塩づけたらを戻して、野菜で煮込みます)
ドルチェ:フルーツのテラミス
どれも、味がしっかりついて、夏の料理にぴったりです。とくに、テラミスは、普通はココアですが、今回は、果物をのせて、冷蔵庫で冷やして、いい感じです。

テラミスといえば、かれこれ20年くらい前、どこの喫茶店でもレストランでも置いてあり、テラミスブームの時代がありました。イタリアから、マスカルポーネというチーズが輸入されて、日本のどこでもテラミスが食べられるようになりました。イタリアのドルチェの代表みたいでした。いまでは、又か、と飽きられていませんか?先日、ミラノの本屋さんで、いろんなテラミスのバリエーションが載った本を見かけました。そうか、こんなに工夫すれば、飽きないで、楽しむことができるんだと、感心しました。
フルーツのテラミスです。
材料:
卵の黄身 100g
砂糖 50g
生クリーム 250g
マスカルポーネチーズ 125g
サヴォイアルディ(クッキー)20個
リキュール(レモンチェッロなど)
シロップ漬け果物(ビン詰めで、アナナス、パパイヤ、マンゴー、モモなど)
レモン

@卵の黄身をボールに入れる。
A砂糖大匙5,6を入れる。(黄身1個に対し大匙1)

teramis2.jpg

Bボールの黄身、砂糖を良くかき混ぜる。
Cマスカルポーネをボールにいれ、かき混ぜる。

teramis3.jpg

D果物のビン詰めにあるシロップにリキュール(子供用には入れない)をいれ、サヴォイアルディ(クッキーであればよい)を浸し、平らな器に並べる。
E果物を半分小さく切り、ボールに入れ、かき混ぜる。レモンの皮をすって入れ、汁も少し入れる。
F冷蔵庫に冷やしておいた生クリームを泡だてる。

teramis4.jpg

Gボールに生クリームを、つぶさないように、静かにすこしづつかきまぜる。
Hサボイアルディの上に、ボールにかき混ぜたものを、のせ、残りのくだものを載せる。冷蔵庫に2時間くらい冷やす。

teramis5.jpg

簡単です。でも、ジャンカーラ先生。上にのせたフルーツ少し、すくなくありませんか?と思いましたけど、まあ、自分でやるときは、色どりと、2,3種類の果物をのせよーと。下のクリームが見えないくらいにね。
ラベル:テラミス
posted by perabita at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック