2008年07月24日

パスタジェノヴェーゼ

genovese4.jpg

今日は中休みなんですが、初日に作ったパスタジェノヴェーゼをご紹介します。このジェノヴェーゼはすごく有名でみんなご存知だと思います。ペーストpestoとも言います。日本でもビン詰めで売っていますが、決しておいしくはありません。やっぱり、作ったばっかりのものが、驚くほどおいしいのです。
前に、ジェノヴァに行ったときに、石の乳鉢が売られていました。モルタイオmortaioといいますが、これでジェノヴェーゼをつくります。バジリコをつぶすとき、熱があると色と味が変わり、石だと、冷たくて、温度が上がらなくていいそうです。でも、もうそんな時代ではありません、ジャンカーラさんは、ミキサーを使って、作ります。簡単で、バシリコのかおりをたっぷり味わうことができます。

材料:
バシリコの生の葉  20g
ペコリーノチーズ粉 20g(ひつじのチーズです。なければパルメザンチーズで代用。)
パルメジャーノチーズ粉 35g
ニンニク 1,2片
クルミ 4,5個(なくても良い)
松のみ 大匙2程度(なければ、クルミで代用。どちらかでも可。)
オリーブ油 大匙5,6(ペースト状になるくらい。)
塩 少々

@はじめに、バシリコの葉をきれいにします。よく、洗ってはいけないといいます。でもそうはいきませんので、水でサッと洗って、ふきんの上でかわかします。もし、勇気があれば、洗わないで、適当に濡れふきんで、ふくだけにしましょう。

genovese1.jpg

genovese2.jpg

Aクルミ、松のみ、ニンニクを、ミキサーにかけて、粉にします。別の器に移します。
Bペコリーノ、パルメザンチーズそれに、バシリコの葉を少しづつ加えて、ミキサーにかけます。いっぺんにすると、バシリコの葉が熱を持ちますので、すこしづつです。
C先に粉にしたものと、Bを一緒にして、よく混ぜます。

genovese3.jpg

Dここに、オリーブ油をいれて、かき混ぜ、塩で、味を調えます。
Eゆであがったパスタにあえて、できあがり。

ジャンカーラさんは、オリーブ油だけだと、重くなるので、バター、オリーブ油、サラダ油を3分の一づついれました。そうすると軽くなります。
料理書によると、バシリコの葉は、小さく、黄色のが味がデリケートでいいらしい。緑で大きな葉のバシリコは味が濃すぎるというのです。でも、ミラノでも、緑で大きな葉のしか売っていません。いろいろ言います。でも、どうやって作っても、この組み合わせは、大差なく、おいしく出来ます。安心してください。
posted by perabita at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103477408

この記事へのトラックバック